DMMモバイルにMNP乗り換え実体験レビュー

DMMモバイルにMNP乗り換え実体験レビュー

 

このサイトでは、ドコモからDMMモバイルに乗り換えた管理人が乗り換えレビューをします。

 

実際に乗り換えた私の目線から、DMMモバイルの良いところと悪いところキチンと伝わると嬉しいです。

 

1ヶ月あたりのスマホ料金が5,000円安くなったので、私と同じように「DMMモバイルいいね!」と思った方は、ぜひ乗り換えを検討してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

早くて安い!DMMモバイル

 

今まで使っていたドコモのスマホ「GALAXY S III SC-06D」をそのまま使って、DMMモバイルの通話SIMカードのみの契約をしました。

 

選んだのは通話SIMプラン シングルコースの1GBです。

 

6/28(日)の夕方に20分くらいでDMMモバイルへの申し込みをして、6/30(火)の夜にSIMカードが届きました。

 

 

 

申し込んでから3日で届いたので、「早い!!」と思いました。

 

 

 

 

そして、実際に使って料金の請求を見ると・・・

 

 

 

料金も安い! Σ(゚Д゚)と思いました。

 

 

 

DMMモバイルの詳細はこちら

 

 

「そもそもSIMカードって何?」という人は以下の記事をご覧ください。
スマホを使う上で必要!?SIMカードとは何か

 

 

 

DMMモバイルの不通期間は短い

 

MNP乗り換えする時に気になるのは、通話ができなくなる「不通期間」です。

 

ドコモのMNP転出をしてからSIMカードが自宅に届くまで時間がかかるので、どうしても不通期間は発生してしまいます。

 

しかし、不便だと思って心配になってたのですが、実質1日半くらいしか不通期間が無かったので、特に問題ありませんでした。

 

 

なお、現在はSIMカードが届いてから切り替え手続きができるようになったので、SIMカードが届く前に今使っているスマホが使えなくなる期間はありません。

 

詳細は「DMMモバイルで即日MNP可能になった!新しいMNP方法」の記事をご覧ください。

 

 

 

DMMモバイルの気になる口コミ

 

DMMモバイルの口コミを調べてみたところ、良い口コミと悪い口コミがありました。

 

 

 

SMSオプション付のデータプランで一番安いプランは月590円(税別)と安い価格が魅力。

 

ドコモ系SIMなので対応しているスマホ端末が多いところも良い。

 

料金の10%がDMMポイントでかえってくるのもうれしい。

 

音声プランを考えた場合でもDMMのサイトから通話アプリをダウンロードで電話番号そのままで通話料金が半額になるところもなお良い。


 

 

 

長年ドコモを使っていましたが、MNPで乗り換えました。

 

通信速度は昼休みにかなり遅くなる(動画を見なければ大丈夫な程度)こと以外は十分な速度が出ていると思います。

 

これだけで2,000円程度の月額料金は安いです!


 

 

 

選んだプランは最安440円の250kbps低速プラン。

 

通信できないことも多く、繋がらないので使えない。


 

 

 

MVNOのSIMカードではDMMモバイルが一番安く、あまり使わない自分の使い方に合っていた。

 

APN設定もインターネットで調べたが、10分くらいで完了した。


 

 

 

OCNモバイルONEを使っていましたが容量が少なく、速度も遅かったのでDMMモバイルに乗り換えました。

 

LTEだけど速い時と遅い時の差が激しいのが難点です。


 

 

 

今まで月に8,000円のスマホ料金が2,000円くらいまで安くなりました。

 

普通に使うのであれば、通信速度も問題ないです。

 

MNPで乗り換えをするのは少し手間でしたが、年間で数万円違うので乗り換えてよかったと思います。


 

 

色々な口コミがありましたが、安くて通信速度も安定していて、使える格安スマホであるという感じの口コミが多かったため、DMMモバイルに乗り換える決め手になりました。

 

 

DMMモバイルを選んだ5つの理由

 

数あるMVNO(格安スマホを販売している会社)の中からDMMモバイルを選んだわけですが、選んだ理由は5つあります。

 

口コミの評判が良かった

格安スマホを色々調べてたみたのですが、DMMモバイルは口コミの評判が良かったです。

 

DMMモバイルの様々な口コミの内容を確認して、DMMモバイルなら良さそうだと感じました。

 

 

シンプルに安い

私が加入したのは音声通話付きSIMのデータ通信量1GBのプランで、1,360円(税込)です。

 

DMMモバイルは数あるMVNOの中でも無駄のないシンプルなプランを一番安い価格で提供してくれています。

 

面倒くさいことを考えたくなかったので、シンプルでとてもGOODです!!

 

 

DMMモバイルではプランとコースの組みあわせによって、SIMカードの契約を行います。

 

【プラン】

  • 音声通話とデータ通信ができる「通話SIMプラン」
  • データ通信のみできる「データSIMプラン」

 

【コース】

  • 通話SIMかデータSIMを1枚のみ契約する「シングルコース」
  • 通話SIMかデータSIMの組みあわせを最大3枚まで契約する「シェアコース」

 

スマホとタブレットを同時に使いたい場合、家族みんなで使う場合などは、シェアコースを選ぶと便利です。

 

 

データ通信量が細かく設定できる

 

データ通信量が1GB単位で小刻みにプランが用意されているところは色々なMVNOの中でもDMMモバイルしか見つかりませんでした。

 

 

[シングルコース 通話SIMプランの料金表]

プラン(容量) 月額料金(税抜き)
ライト※1 1,140円
1GB 1,260円
2GB 1,380円
3GB 1,500円
5GB 1,910円
7GB 2,560円
8GB 2,680円
10GB 2,890円
15GB 4,300円
20GB 5,980円

※1:ライトプランのみ、200kbpsの低速通信のプランになります。

 

 

私の場合はデータ通信をしないので、1GBで十分!!

 

もし、データ通信量が少ないと感じたら、追加も簡単にできます。

 

ドコモだと2GB/5GB/8GBといった単位でしか契約できないので、こうはいきません!

 

 

⇒通話SIMシングルコース以外の料金についてはこちら

 

 

バースト機能がある

もし、契約していたデータ通信量を超えて通信をした場合、200kbpsの低速通信で通信をすることになりますが、最初の数秒だけ高速通信をしてくれる機能です。

 

この機能によって、ホームページなどのデータ量が軽いサイトであれば閲覧することができます。

 

 

1GBより多く使って「ホームページが見れなくなりました」というのは困るので、この機能は便利です!

 

 

利用料金の10%がDMMポイントで還元される

実はDMMモバイルの契約をすると、利用料金の10%をDMM.comというサイトのポイントで還元されます。

 

このDMM.comというサイトは、元はエ○動画専門のサイトだったのですが、今では色々なサービスをしています。

 

 

コンテンツが幅広い上に、面白いコンテンツも多いです。

 

FXとか英会話、肉好きに招集をかけて焼肉を食べに行く「肉会」とか3Dプリントのサービスとか。

 

動画を始め、色々な色々なサービスがあるので、DMMのホームページを見てみると面白いと思います。

 

私が実際に利用しているサービスなどのレビューもしているので、興味がある方は一度ご覧ください。

 

 

 

 

MNP乗り換えして分かったDMMモバイルのメリット

 

乗り換えしたことによるメリットは大きく分けて2つです。

 

  1. 契約の縛りがなくなった
  2. めちゃくちゃ安くなった

 

【契約の縛りがなくなった】

 

 

ドコモと契約をしていた時は、2年縛りが効いていたり、意味不明のカケホーダイプランを強要されたり、契約による縛りがとても大きかったと思います。

 

しかし、DMMモバイルへ乗り換えをしたことで、2年縛りも消えたし、プランも選びやすくなりました。

 

DMMモバイルで通話SIMを選んだ場合、「利用開始日の翌月1日から12ヶ月間」が最低利用期間となっていますが、それを過ぎればいつ解約しても違約金はかかりません。

 

期間による縛りが無くなったので他社へ移ることすらも、とても簡単になりました!

 

【めちゃくちゃ安くなった】

 

 

めちゃくちゃ安くなりました!!

 

私の場合は、ドコモで月額6,200円くらいだったのが、月額1,362円くらいになりました!

 

月に約5,000円!

 

1年で約60,000円!!

 

これだけの金額差があります!!

 

安いということはとても大きいメリットです!

 

[関連記事]

激安!料金シミュレーションでDMMモバイルの料金を確認

 

 

DMMモバイルでスマホ料金を安くしたい方はこちら

 

 

MNP乗り換えして分かったDMMモバイルのデメリット

 

 

DMMモバイルにMNP乗り換えしたことによるデメリットはもちろんあります。

  1. お昼のデータ通信速度が遅い
  2. 実店舗が無い
  3. @docomo.ne.jpのメールが使えなくなる
  4. 最初にお金かかる

 

【お昼のデータ通信が遅い】

普段使っているときは問題ないのですが、お昼はみんな一斉にデータ通信をするので、データ通信が遅くなります。

 

 

 

実際に計測するとお昼がやはり遅いのですが、一番遅い時間帯で0.5Mbpsなので、それほどストレスを感じないくらいの速さを保っています。

 

DMMモバイルの通信回線を構築している会社はIIJという会社で、IIJは格安スマホ業界でもトップクラスの品質を提供していると評判の会社です。

 

業界でもトップクラスの回線品質だけあり、日常的に十分なデータ通信速度を出してくれています。

 

 

【実店舗が無い】

ほぼ全てのMVNOで存在するデメリットです。

 

実店舗が無いと、何か困ったとき時に相談できなかったり、スマホが故障した時に困ってしまいます。

 

何か困ったことがあった時には、メールや電話での問い合わせになります。

 

実際に私はメールで問い合わせをしたことがありますが、30分くらいで返信をくれたのでサポートはかなり良い対応です。

 

実際には、実店舗があるY!mobileのようなMVNOもあります・・・が、実店舗の分だけ料金が高くなってしまうというデメリットがあるので、考慮から外しています。

 

スマホが故障した場合は、端末補償オプションに加入していれば郵送で新しいスマホと交換してくれます。

 

 

中古スマホを使う場合は端末補償をどうするか考えよう

中古スマホを使っている場合は端末補償オプションには加入できません。

 

しかし、ドコモのスマホであれば、故障したスマホをドコモの店舗に持っていけば修理をしてくれます。

 

ただし、修理代金は実費になってしまうので、修理代金を補償してもらえるサービスに入るかは検討が必要です。

 

中古スマホでも加入できる端末レスキューのようなサービスもあるので、端末補償サービスに加入するかはご検討ください。

 

端末補償サービス⇒【端末レスキュー】

 

 

 

【@docomo.ne.jpのメールが使えなくなる】

格安スマホへのデメリットで、よく聞く代表選手ですね。

 

私の場合はキャリアのメールはほとんど使わなくなっていたので、問題ありませんでした。

 

キャリアメールの代わりにgmailを使っていますし、友達とのやり取りなどは、ラインがあれば十分です。

 

数年前では大きいデメリットだと思うのですが、今ではラインがあればいいという人も多く、キャリアメールはどうしても欲しいものではないような気がします。
(もちろん、どうしても必要と言う方もいるとは思いますが。)

 

 

【最初にお金がかかる】

違約金やMNP転出など、最初にお金がかかってしまいます。

 

必要になるお金は、ドコモ・DMMモバイルそれぞれで以下のようになります。

 

【ドコモで必要な料金】

項目 金額(税抜) 備考
中途解約の違約金

契約の更新月以外での解約は違約金が発生します。

 

なお、プランごとに違約金は違います。

 

[タイプXi にねん 10年超]
3,000円

 

[Xiデータプランにねん]
25,600円〜9,500円

 

[上記以外のプラン]
9,500円

違約金の詳細は

ドコモからMNP乗り換えしたときの違約金や日割り料金
の記事をご参照ください。

 

MNP転出料金 2,000円 必ず払う必要あり
端末分割支払金 残りの代金一括

端末代金の残りがあれば、全部支払う必要あり

 

※解約月は月々サポート効かないので注意

 

【DMMモバイルで必要な料金】

項目 金額(税抜) 備考
新規契約手数料 3,000円 必ず払う必要あり
プランの料金 プランごとの月額料金 必ず払う必要あり
ユニバーサル料 2円

プラン料金と一緒に払う必要あり

 

 

実際に私が支払った料金は、以下のようになりました。

 

【実際にドコモでかかったお金】
ドコモの解約金:3,240円
MNP転出料金:2,160円

 

【DMMモバイルでかかったお金】
新規契約手数料: 3,240円
通話SIMプラン1GB シングルコース(7月分): 1,360円
ユニバーサル料(7月分): 2円

 

合計:10,002円

 

私の場合は合計費用がかなり安いケースでした。

 

ドコモとの契約期間が10年を超えると途中解約金が3,240円になり、とても安くなったのが大きかったです。

 

しかし、最初に多少お金がかかりましたが、初期費用ぐらいなら2か月くらいで元が取れちゃいます。

 

2年使い続けた場合を比べるとその差は圧倒的・・・

 

ドコモを2年間使い続けた場合とDMMモバイルで2年間使う料金を比較してみると、初期費用を含めても圧倒的にDMMモバイルが安いです。

 

 

 

 

差額はなんと、11万3千310円でした。

 

 

 

DMMモバイルへの申し込みの流れ

 

申し込みの流れをざっくり言うと、

 

  ドコモでMNP予約番号を発行してもらう

 

  ⇒DMMモバイルで申し込み手続き

 

  ⇒少しして電話使えなくなる(;゚д゚)

 

 ⇒SIMカード届く( ̄。 ̄;)

 

  ⇒SIMカードを挿して、APN設定して完了(`・ω・´)b

 

 

という感じです!

 

思っていたよりも手続きはすごく簡単でした。

 

MNP予約番号の発行が面倒くさいかと思いきや、あっさり終わったので拍子抜けしたくらいでした。

 

ちなみに、私は店舗に行ってMNP予約番号を発行しましたが、インターネットでもMNP予約番号の発行ができます。

 

店舗に行って引き止めにあうのがイヤだという人は、インターネットからの申し込みがよいかもしれません。

 

【インターネットからMNP予約する場合】
My Docomoにログインした状態で「ドコモオンライン手続き」→「携帯電話番号ポータビリティ予約」の「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」から申し込みができます。

 

申込み後に、MNP予約番号と有効期限が表示されるので、メモをとり忘れないようにしましょう。

 

 

私が手続きした時の流れを詳しく書いたので、申し込みの流れを詳しく見たい方はこちらの記事をご覧ください

DMMモバイルの詳しいMNP乗り換えの申し込みの流れ

 

 

 

スマホセットの端末の種類も豊富

 

私は今回申し込みをしませんでしたが、DMMモバイルはSIMカードと一緒に選べるセットのスマホ端末の種類も豊富です。

 

 

 

 

SIMフリースマホの新機種が出るごとに購入できるスマホ端末は入れ替わっているのですが、常に10種類以上のスマホ端末が価格帯別に用意されています。

 

DMMモバイルでセット購入できるスマホ端末についてまとめたので、セット購入を考えている方はご参考にしていただければと思います。

 

 

 

au・ソフトバンクからも乗り換えできる

 

auもしくはソフトバンクからDMMモバイルへ乗り換える場合は、2つのどちらかの方法を選ぶことになります。

 

  1. スマホとSIMカードをセットで契約する
  2. スマホをSIMロック解除した後、SIMカードのみを契約する

 

スマホとSIMカードをセットで契約した場合は、問題なく乗り換えできます。

 

しかし、SIMカードのみを契約してau/ソフトバンクのスマホを使うには、SIMロック解除という手続きが必要になります。
SIMロック解除の手続きについて

 

 

auのスマホ端末でSIMカードのみ契約する場合

auのスマホ端末を使っている方は、SIMロック解除をしなくてもau回線の格安SIMであれば使えます。

 

DMMモバイルはドコモ回線の格安SIMですが、au回線を使えるmineoという格安SIMがあります。

 

mineoはauのスマホ端末を使ってSIMカードのみ契約したい方にススメです。

 

なお、ソフトバンク回線を使っている格安SIMは今のところありません。

 

そのため、ソフトバンクのスマホ端末を使って格安SIMを使う場合、SIMロック解除するしか方法がありません。

 

 

 

光セット割でさらに500円安くなる

 

DMM.comでは光インターネット回線サービス「DMM光」を始めました。

 

フレッツ光と同じ光回線を使いながら、フレッツ光よりも安く利用できるオトクなサービスです。

 

さらに良いところは、DMMモバイルを契約している方はセット割が適用されてDMMモバイルの料金が月額500円安くなるというところです。

 

DMMモバイルを利用している方で、フレッツ光の料金を安くしたいという方はDMM光に乗り換えると月額料金がかなりオトクになります。

 

[関連記事]

DMMモバイルが500円割引に!DMM光のセット割の詳細

 

 

 

まとめ

 

 

 

今まで高いと思っていたスマホの料金が一気に安くなったので、DMMモバイルにMNP乗り換えをして良かったと思います。

 

私のようにあまりスマホを使わないライトユーザーであれば、スマホの料金が格段に安くなるDMMモバイルはおすすめです。

 

 

スマホで無駄に高い料金を支払っている

 

 

そのように感じる人は、DMMモバイルへの乗り換え検討をしてみた方がよいかもしれません。

 

 

DMMモバイルの詳細はこちら

 

 

もう一度読んで検討してみる⇒DMMモバイルにMNP申し込みで実体験レビュー