mineoは即日MNPが可能だから不通期間がほぼ無い

mineoは即日MNPが可能だから不通期間がほぼ無い

 

 

DMMモバイルへMNP乗り換えをしたときは、申し込みをした後にSIMカードが届くまでの約1日半、通話とデータ通信ができない「不通期間」がありました。

 

しかし、その不通期間がほとんどなく、即日でMNPができる「mineo」というMVNOがあるので紹介します。

 

 

現在はDMMモバイルでも即日MNPによる乗り換えが可能になったので、その点を踏まえたうえで本記事をご覧ください。

 

DMMモバイルの新しくなったMNP方法については「DMMモバイルで即日MNP可能になった!新しいMNP方法」の記事をご覧ください。
(2016/2/25追記)

 

 

 

[目次]

  1. mineoの不通期間はどれくらいか
  2. mineoのプラン料金
  3. mineoのメリット
  4. mineoのデメリット
  5. DMMモバイルとmineoはどっちが良い?

 

 

mineoの不通期間はどれくらいか

 

mineoはSIMカードが届いてからMNP手続きをすることができるMVNOです。

 

mineoに「MNP手続きをしてくれ!」という連絡をすると、すぐにMNP転入の対応をしてくれるので不通期間がほとんど発生しません。

 

MNPの連絡の手続きは、ドコモ/auの回線とも同じですが手続きの時間に違いがあります。

 

ドコモの場合

SIMカードが届く

 

⇒web(mineoのマイページ)からMNP転入の申し込み。

 

⇒スマホ使えなくなる。

 

⇒1時間後にMNP転入完了。スマホ使えるようになる

 

 

auの場合

SIMカードが届く

 

⇒web(mineoのマイページ)からMNP転入の申し込み。

 

⇒スマホ使えなくなる。

 

⇒30分後にMNP転入完了。スマホ使えるようになる

 

 

こんな感じで、すぐに使えるようになります。

 

 

 

 

mineoのプラン料金

 

ドコモとauの料金では、通話SIMプラン(デュアルタイプ)が若干ドコモの方が高いです。

 

ドコモの料金表

タイプ 500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
シングルタイプ

(データ通信のみ)

700円 800円 900円 1,580円 2,520円
デュアルタイプ

(データ通信
+090音声通話)

1,400円 1,500円 1,600円 2,280円 3,220円

 

 

auの料金表

タイプ 500MB 1GB 3GB 5GB 10GB
シングルタイプ

(データ通信のみ)

700円 800円 900円 1,580円 2,520円
デュアルタイプ

(データ通信
+090音声通話)

1,310円 1,410円 1,510円 2,190円 3,130円

 

 

 

 

mineoのメリット

 

mineoのメリットは5つです。

 

ドコモ・auのどちらのスマホ端末もそのまま使える

 

ドコモ・auの回線に対応しているので、もちろんドコモ・auのスマホ端末はそのまま利用できます。

 

両方の回線をサポートしているMVNOは、現在mineoだけです。

 

MNPが即日で可能

 

 

SIMカードが届いたら、自宅で手続きをしてスグにMNP転入できます。

 

自分のタイミングでMNP転入できるので、不通期間を作りたくない方へはおすすめです。

 

最低利用期間と解約金が無い

mineoのスゴイところは、最低利用期間とその解約金を撤廃したところです。

 

データSIMでは、ほとんどのMVNOが最低利用期間と解約金を設けていません。

 

しかし、通話SIMではほとんどのMVNOは最低利用期間と解約金を設けています。

 

mineoも以前は最低利用期間と解約金を設定していたのですが、撤廃しました。

 

※ただし、利用開始してから12カ月以内にMNP転出する場合は、12,420円(税込)となります。
13か月目以降であれば、2,160円(税込)です。

 

パケット共有の機能が豊富

 

mineoはデータ通信を行うためのパケットを共有する機能が豊富です。

 

  1. 家族でパケットをシェアできる「パケットシェア」機能
  2. 家族だけでなく、友達とも分け合える「パケットギフト」機能
  3. mineoユーザーみんなでパケットをシェアできる「フリータンク」機能

 

3つの機能を上手く使えば、

 

「今月データ通信使いすぎてパケットが足りない」

 

という時などに、パケットを分け合うことができます。

 

 

キャンペーンが豊富

 

mimeoはキャンペーンが豊富です。

 

月額基本料金を値下げしてくれるキャンペーンなどを頻繁に行っています。

 

「どうせ乗り換えるならオトクに乗り換えたい」という人には、魅力的なキャンペーンが多いです。

 

現在は月額基本料金を3ヶ月800円OFFしてくれるキャンペーンが実施されています。
(2016/3/31まで)

 

 

 

mineoのデメリット

 

mineoのデメリットは3つです。

 

DMMモバイルより料金が高い

DMMモバイルは業界最安値水準の料金を掲げているだけあって、安いです。

 

mineoの方が高いです。

 

ただし、それほど大きい差はありません。

 

プランの幅が狭い

データ通信量が500MB/1GB/3GB/5GBと、若干プランの幅が狭く感じます。

 

6GB以上のプランが無いので、ヘビーユーザーには向きません。

 

ライトユーザーには十分なプラン数であるとは思います。

 

選べるスマホ端末の種類が少ない

選べるスマホ端末の種類が少ないです。

 

セット購入をする際に気に入ったスマホ端末が無い場合は、自分でスマホ端末を用意しないといけません。

 

ただ、数が少ないということは、厳選されたスマホのみ取り扱っていて、ユーザーも選びやすいということです。

 

 

DMMモバイルとmineoはどっちが良い?

 

どちらも良いMVNOなので、以下の特徴を見てどれかが当てはまっている方を選ぶと良いと思います。

 

DMMモバイルがオススメな人
  • とにかく安いところが良い
  • シンプルなプランが良い
  • データ通信量が15GB以上欲しい
  • 種類豊富なスマホ端末をセット購入したい

 

DMMモバイルを試してみる

 

 

 

mineoがオススメな人
  • auのスマホ端末でSIM契約をしたい
  • データ通信をついつい使いすぎてしまう
  • 厳選されたスマホ端末をセット購入したい

 

 

 

<関連記事>

 

 

Top⇒DMMモバイルにMNP乗り換え実体験レビュー

 

関連ページ

他社へ電話番号を引き継げるMNP!手続きの流れを解説
他社へ電話番号を引き継げるMNP!手続きの流れを解説
DMMモバイルへMNP乗り換えしたときの電話不通期間
DMMモバイルへMNP乗り換えしたときの電話不通期間はどれくらいだったか。実体験を紹介します。
DMMモバイルから一部の事業者へはMNP転出できない!?
DMMモバイルから一部の事業者へはMNP転出できない!?
DMMモバイルで即日MNP可能になった!新しいMNP方法
DMMモバイルで即日MNP可能になった!新しいMNP方法
DMMモバイルからMNP転出するときの手続きの流れを解説
DMMモバイルからMNP転出するときの手続きの流れを解説