使い方や目的に合ったタブレットを選ぶための重要な3つのポイント

使い方や目的に合ったタブレットを選ぶための重要な3つのポイント

 

 

 

タブレットを買う前に知っておいてほしいのですが、タブレットには色々な種類があるのはご存知ですか?

 

私自身もタブレットが欲しいと思って、いざ買おうと思ったら色々な種類があったので、少し選ぶときには迷ってしまいました。

 

このページでは、これからタブレットを買おうと考えているに役立てられるよう、タブレットの種類と選び方のポイントについてご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

タブレットの3つのポイントを押さえよう

 

 

 

タブレットを選ぶときには、3つの重要なポイントがあります。

 

3つのポイントをしっかりと考えれば、どういったタブレットを買えばよいか見えてくると思います。

 

それでは、3つの重要なポイントを順番に紹介したいと思います。

 

 

 

ポイント1:OSの種類を選ぼう

 

市販されているタブレットには、3つのOSがあります。

 

  • Windows OS
  • Android OS
  • iOS

 

それぞれのOSについて見ていきましょう。

 

Windows OS

 

パソコンのWindowsと同じOSです。

 

パソコンがそのままタブレットの形になったと思えばいいです。

 

外出先でノートパソコンと同じレベルの作業をしたい場合には、Windows OSが入っているタブレット=Windowタブレットを選ぶといいです。

 

なお、お値段は多少高めになります。

 

最近では2in1(ツーインワン)タブレットと呼ばれているキーボード付きのWindowsタブレットもあります。

 

ノートパソコンのように使いたいのであれば、2in1タブレットはおすすめです。

 

Android OS

 

Androidスマホと同じOSです。

 

そのため、スマホをそのまま大きくして使うイメージとなります。

 

  • クックパッドを見たい
  • 気軽にネットサーフィンを外でしたい

 

これくらいの作業であれば、Android OSが入っているタブレット=Androidタブレットで十分です。

 

価格帯も安いものが多く、予算をあまりかけたくない方におすすめです。

 

iOS

 

iPhoneと同じApple社のOSです。

 

iPadはiPhoneと同じように、Apple社が販売しているタブレットです。

 

iPadには複数の種類があり、性能も価格帯も色々と揃えられています。

 

ただ、最低価格帯はAndroidよりは高いです。

 

Apple製品でないとイヤだ!という人には特におすすめです。

 

OSの選び方まとめ

 

OSは下記のように選べばよいと思います。

 

ノートパソコンと同等のスペックが欲しい、または作業をしたい場合

Windows OS

 

スマホのアプリなどをより大きい画面で使いたい場合

Android OS

 

Apple社製品を使いたい場合

iOS

 

 

 

ポイント2:SIMフリーモデル/WiFiモデルを選ぼう

 

タブレットにはSIMカードを挿して使える「SIMフリーモデル(セルラーモデル)」と「WiFiモデル」の2つの種類があります。

 

この2つのモデルの違いはSIMカードを挿せるか挿せないかという違いです。

 

SIMフリーモデルについて

 

SIMフリーモデルはSIMカードを挿すことができます。

 

SIMカードを挿すことができるので、WiFiを使わなくてもインターネットに接続することができます。

 

SIMフリーモデルなので、格安SIMと組み合わせて使えば月額料金を安く済ませることもできます。

 

ただし、WiFiモデルよりは高い価格になってしまいます。

 

 

キャリアで購入できるタブレットはセルラーモデルですが、SIMロックがかけられています。

 

格安SIMを組み合わせる場合には、スマホと同じようにSIMロックの制限と周波数帯の確認が必要です。

 

WiFiモデルについて

 

WiFiモデルはSIMカードを挿すことができません。

 

基本的にインターネット接続をする時には、WiFiを利用しないといけません。

 

家電量販店などに行くと、WiFiモデルのタブレットが販売されていますが、モバイルルーターとセットになって販売されています。

 

WiFiを使わなければインターネットに接続できないので、モバイルルーターを使うことがほぼ前提になります。
(インターネット接続しないのであれば、WiFi不要ですが。。。)

 

 

価格帯はSIMフリーモデルより安いので、既にモバイルルーターを使っている人、これから使う予定のある方にお勧めです。

 

SIMフリーモデル/WiFiモデルの選び方まとめ

 

この2つのモデルに関しては、モバイルルーターを使うか使わないかで決めるといいです。

 

モバイルルーターを使わない場合

SIMフリーモデル

 

モバイルルーターを使う場合

WiFiモデル

 

 

 

ポイント3:画面サイズを選ぼう

 

画面サイズは大きく分けて3サイズに分かれます。

 

  • 7〜8インチ
  • 9〜11インチ
  • 12インチ以上

 

画面サイズが小さい方が値段は安く、大きい方が高くなります。

 

画面サイズに関しては、あなたが使いやすいと思うサイズを選びましょう。

 

個人的には10インチ以上が見やすくておすすめです。

 

 

まとめ

 

 

 

タブレットには色々な種類があるので、使い方や目的をじっくりと考えた方がいいです。

 

使い方や目的がはっきりとすれば、予算に応じて購入できるタブレットが決まってきます。

 

私自身タブレットを使っていますが、持ち運びが楽でスマホよりも大きい画面のタブレットがあると、すごく便利だと感じます。

 

ぜひ、あなたにピッタリのタブレットを選んでください。

 

 

 

Top⇒DMMモバイルにMNP乗り換え実体験レビュー

関連ページ

SIMフリータブレットZenPad10 Z300CL購入レビュー
ASUSのSIMフリータブレットZenPad10 Z300CLの購入レビューします。