登録しないと損!?中部電力を使っている人はカテエネに登録しよう

登録しないと損!?中部電力を使っている人はカテエネに登録しよう

 

中部電力エリア(愛知県/岐阜県/三重県/長野県/静岡県)では、ご家庭の電気を中部電力と契約している方も多いと思います。

 

その中部電力で新しく始まった「カテエネ」というサービスはご存知ですか?

 

カテエネに登録をしないと損をしてしまうので、まだカテエネに登録していない方はぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

カテエネとは

 

カテエネは中部電力の新サービスです。

 

会員登録無料、利用料金無料で利用できます。

 

カテエネの3つのメリット

 

カテエネに登録することでメリットが3つあります。

 

電気の使用量などが把握できる

 

カテエネに登録すると、過去の電気の使用量や省エネ情報をチェックできます。

 

一時期あったエネレポなどよりもよっぽど使い勝手はいいと思います。
(エネレポを我が家でも使ってましたが、家電1つにしか使えなかったので不便でした)

 

カテエネポイントを貯めることができる

 

電気料金の支払いや、カテエネのコラムをチェックしたりすることでポイントを貯めることができます。

 

貯まったポイントは電気料金の支払いに使ったり、商品に交換したりすることができます。

 

ポイントは1P=1円となります。

 

新料金メニューの割引額が増える

 

中部電力の新料金メニューに乗り換えると、旧プランから割引を適用した価格になります。
(詳細は後述の「新料金メニューに加入しなきゃ意味がない!」を参照)

 

カテエネに登録をすると、更に割引額が増えてお得になります。

 

 

 

 

カテエネのデメリットは無い

 

特にデメリットはありません。

 

強いて言うと、登録するのが少し面倒くさいくらいです。

 

とはいっても3分くらいで登録完了できます。

 

 

 

3分で終わるカテエネの登録

 

もちろん、我が家でもカテエネに登録をしています。

 

実際カテエネへ登録したら、3分くらいで完了しました。

 

なお、カテエネに登録する前に「検針票(電気ご使用量のお知らせ)」と支払いに利用している「銀行口座の通帳」もしくは「クレジットカード」をご用意ください。

 

スムーズに登録できます。

 

カテエネ登録の流れ-5つのSTEP

 

カテエネの登録は5つのSTEPで終わります。

 

STEP1:メールアドレスを入力

 

最初に登録手続きの案内を受信するためのメールアドレスを入力します。

 

 

STEP2:ログイン情報の入力

 

カテエネのサイトにログインするためのID、パスワードを設定します。

 

 

STEP3:基本情報の入力

 

氏名、住所などの個人情報を入力します。

 

 

STEP4:契約情報の入力

 

あらかじめ用意してあるお客さま番号(検針票に記載されている)と、支払い方法、電話番号を入力します。

 

 

STEP5:登録完了

 

ここまで入力すれば、登録完了です。

 

お疲れ様でした。

 

 

 

 

新料金メニューに加入しなきゃ意味がない!

 

カテエネに登録をするときは、新料金メニューに乗り換えると更にお得になります。

 

というか新料金メニューに乗り換えないと意味がないというくらい、カテエネの割引効果が薄くなってしまいます。

 

 

一般家庭では従来電灯Bの40〜60Aで契約をしている方が多いと思います。

 

新料金メニュー「おとくプラン」は全く同じ金額ですが、ポイントが貯まる分お得になるというイメージです。

 

このポイントが、カテエネに登録しているだけで1ヶ月当たり50円分増えます。

 

 

 

 

おとくプランの割引特典は下記の通りです。

 

カテエネ会員の方

毎月の電気料金から150円引き、またはカテエネポイント150P

 

カテエネ会員でない方

毎月の電気料金から100円引き

 

 

おとくプランの解約時に違約金は発生しない!?

 

おとくプランは2年間の継続利用が条件となっています。

 

しかし、途中解約しても違約金は発生しません。

 

あくまでも「2年継続してね!というお願い」程度のようです。

 

 

 

カテエネは登録しないと損!

 

中部電力と契約していて、従来電灯Bの40〜60Aの契約をしている場合はカテエネに登録した方がいいです。

 

カテエネに登録した上で、おとくプランに乗り換えれば毎月150円安くなります。

 

登録料などは一切かからない上におとくプラン解約による違約金も発生しないので、登録をしないだけ損だと思います。

 

我が家のように従来電灯Bの40〜60Aの契約をしている場合は、おとくプラン+カテエネの登録を検討してみてください。

 

 

 

 

 

Top⇒DMMモバイルにMNP乗り換え実体験レビュー