DMMモバイルへの詳しいMNP乗り換えの申し込みの流れ

DMMモバイルへの詳しいMNP乗り換えの申し込みの流れ

 

 

「料金高いからDMMモバイルへの乗り換えだ!」

 

ということで、実際に私がDMMモバイルへMNP乗り換えをしたときの申し込み準備から実際の申し込みの流れまで、詳しく書いていきたいと思います。

 

 

[目次]

  1. ドコモMNP転出前の準備
  2. ドコモからMNP転出
  3. DMMモバイルへの申し込み
  4. SIMカードが届くまでの時間
  5. DMMモバイルに申し込んだ感想

 

 

 

ドコモMNP転出前の準備

 

手持ちの端末がDMMモバイルで使えるか念のため確認

最初に行ったのは、持っているスマホ端末 サムソン「GALAXY S III SC-06D」がDMMモバイルで使えるかどうかの確認です。

 

ビビりな私は本当にそのままスマホが使えるのか心配。

 

DMMモバイルには動作確認端末一覧のページがあるので、そこでSC-06Dが記載されているか確認。

 

無事にSC-06Dが記載されていたので、安心して申し込みできました。

 

ちなみに申し込みの際にDMMモバイルのページで今使っている端末を選ぶのですが、その中の選択肢に入っていれば動作確認端末一覧を確認しなくても大丈夫です。

 

※DMMモバイルでスマホ端末を一緒に購入しようと考えている人も、確認しなくても大丈夫です。

 

 

ドコモポイントを使い切ろう

 

MNP乗り換えをした後ではドコモポイントを使えなくなってしまうので、ポイントが残っている人は必ず使い切ってしまいましょう!

 

ドコモポイントは商品と交換できるので、ドコモのページから欲しい商品に交換しちゃってください。

 

なお、ファミリー割引を適用していて、ドコモポイントを家族の誰かと共有している状態であれば、ドコモポイントはそのまま残るので、無理して使い切る必要はないです。

 

私の場合は奥さんがそのままドコモに残るため、ポイントは使いませんでした。

 

 

ドコモからMNP転出

 

DMMモバイルへ申し込みをする前に、まずMNP予約番号を取得する必要があります。

 

 

 

というわけで、ドコモショップに行ってMNP予約番号を取得しました。

 

手数料は2,160円(税込)でした。

 

あと、2年契約の区切りでなかったので違約金3,240円(税込)がかかりました。

 

MNP転出手続きはスゴクあっさりと終わりました。

 

 

私は旧プランで10年以上ドコモを使っていたので、タイプXi(10年超)となっていました。

 

そのため、違約金は1万円かかると思っていたのですが、なんと3,240円(税込)で済みました。

 

思っていたより安かったのでラッキー!

 

 

MNP予約番号の有効期間は番号の発行日を含めて15日間で、その間に移行先の通信業者との手続きを終えなければいけません。

 

DMMモバイルでは残り有効期限が7日間以上残っていない場合はMNP予約番号を再発行しなければいけないので、早めに手続きをしましょう。

 

 

 

DMMモバイルへの申し込み

 

次にDMMモバイルへの申し込みです。

 

先に記載しますが、申し込みでは以下のものが必ず必要になります。

 

  • クレジットカード
  • 本人確認書類

 

MVNOはクレジットカードが無いと基本的に契約できません。

 

デビットカードなどでも契約できるところは例外としてあるようですが、基本的にはクレジットカードオンリーです。

 

実店舗を介していない分、確実に料金を徴収するためでしょうか。。。。

 

 

本人確認書類は運転免許証があれば問題ないです。
免許証以外でも、一般的な本人確認書類があればOKです。

 

 

以下、実際の申し込みの流れです!

 

 

 

まずDMMモバイルのトップページから新規申し込みをします。

 

すると、データSIMプランか音声通話付きプランかの選択画面が出ます。

 

私は音声通話付きのMNP乗り換えなので、「乗り換えで申し込む」を選択。

 

 

 

 

すると、次はDMM会員かどうかを選ぶ画面が出てきます。

 

私はDMM会員でないので、「初めてDMMをご利用の方」を選択。
DMM会員登録は音声通話のSIM申し込み時に簡単に行えました。

 

 

 

 

 

次に、事前にゲットしていたMNP予約番号を入力し、申し込む音声通話SIMプランと、現在使っているスマホに合ったSIMカードの選択をします。

 

SIMカードは現在使っているスマホを入力すると、標準/マイクロ/ナノの3種類のSIMサイズを自動で選択してくれます。

 

セキュリティオプションを選べますが、私は不要なので「なし」を選択。

 

 




 

 

その次は個人情報の登録です。

 

DMMの会員情報として使用するメールアドレスとパスワードを入力。
氏名・住所・電話番号などを入力して完了です。

 

ここまで入力が終わると、確認画面が出てきます。

 

 



 

 

通話付きSIM 1GBプランで間違いはないので、「申し込み完了ボタン」をクリック。
これで申し込み完了ですが、次はクレジットカードの入力を行います。

 

 

 

 

 

その次は本人確認書類の提出です。
私は運転免許証をスキャナで取り込んで送付しました。

 

スキャナが無い場合は、スマホで写真を撮ればOKです。

 

 

 

 

この提出が終わってDMMから本人確認完了のメールが来れば、やっとDMMモバイルへのMNP乗り換え手続きが完了です。

 

折り返しのメールはかなり早かったです。

 

日曜日の夕方に申し込んだのですが、20分くらいで確認完了の通知メールがきました。

 

 

 

 

SIMカードが届くまでの時間

 

SIMカードが届くまで、申し込んでから3日かかりました。

 

 

 

その間、電話が使えなくなる不通期間がありましたが、それほど不便なく、素早く切り替えができました。

 

不通期間については、DMMモバイルへMNP乗り換えしたときの電話不通期間の記事にまとめたので、ご参照ください。

 

 

なお、現在はSIMカードが届いてから切り替え手続きができるようになったので、SIMカードが届く前に今使っているスマホが使えなくなる期間はありません。

 

詳細は「DMMモバイルで即日MNP可能になった!新しいMNP方法」の記事をご覧ください。

 

 

SIMカードが届いた後はAPN設定

 

SIMカードが届いた後は、スマホが使えるようにAPN(アクセスポイント名)の設定を行います。
SIMカードと一緒にAPN設定についての紙が同封されているので、そちらを見ながら設定しました。

 

 

しかし、スマホごとに微妙な違いがあるので設定の仕方が分からない。
仕方がないのでググって設定の仕方を調べ、何とか設定できました。

 

これでやっとスマホのデータ通信が使えるようになりました。

 

 

DMMモバイルに申し込んだ感想

 

申し込み前はMNPの手続きとか面倒くさいし、違約金とか手数料もたくさんかかると思っていましたが、そうでもなかったです。

 

あっさりMNP予約番号も取れたし、10年以上ドコモを使っていたおかげで違約金も覚悟していたより全然安かったです。

 

 

料金も、今まではドコモで月額6,200円(税込)くらいだったのが、月額1,360円(税込)になりました。

 

月に約5,000円も安くなったので、とても満足です!

 

もっと早くに変更していればよかったと感じました!

 

最近はラインを主に使っているのでキャリアメールもほとんど使っていないため、格安スマホへの乗り換えに踏み切れましたが、この価格差は魅力的すぎますね。

 

(2015/8/1追記)
DMMモバイルにMNP乗り換えしてから1か月使った感想と使い心地を記事にしました。
DMMモバイルに興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

 

DMMモバイルの詳細はコチラ

 

 

Top⇒DMMモバイルにMNP乗り換え実体験レビュー

関連ページ

ドコモからDMMモバイルへ移行した理由とメリット・デメリット
ドコモからDMMモバイルへ移行した理由とメリット・デメリットを記載します。
ドコモユーザーはMVNOへ乗り換えがしやすい
実はドコモはMVNOへ乗り換えがしやすいキャリアです。その理由を説明します。
ドコモからMNP乗り換えしたときの違約金や日割り料金
ドコモからMNP乗り換えしたときの違約金や日割り料金などについての説明です。
auからMNP乗り換えするときの違約金や日割り料金
auからMNP乗り換えするときの違約金や日割り料金
ソフトバンクからMNP乗り換えするときの違約金や日割り料金
ソフトバンクからMNP乗り換えするときの違約金や日割り料金
ワイモバイルからMNP乗り換えするときの違約金や日割り料金
ワイモバイルからMNP乗り換えするときの違約金や日割り料金について、紹介します。
激安!料金シミュレーションでDMMモバイルの料金を確認
激安!料金シミュレーションでDMMモバイルの料金を確認