SIMロック解除でスマホをSIMフリーにするための重要なポイント

SIMロック解除でスマホをSIMフリーにするための重要なポイント

 

キャリアのスマホ端末をSIMフリーにするためにはSIMロック解除が必要です。

 

しかし、全てのスマホ端末がSIMロック解除できるわけではありません。

 

このページではSIMロック解除をするためのポイントを、キャリアごとに詳しく解説していきます。

 

 

 

 

あと、補足としてSIMロック解除したスマホ端末でDMMモバイルを使う場合の周波数帯の確認についても解説します。

 

 

 

 

 

SIMロックとSIMロック解除について

 

SIMロックとは「別のキャリアのSIMカードが使えないように制限がかかっている」状態のことです。

 

例えば、ドコモで購入したスマホはドコモのSIMカードしか使えなくなっています。

 

auのSIMカードを挿しても使えません。

 

逆にauで購入したスマホはauのSIMカードしか使えなくなっています。

 

キャリアで購入したスマホは、必ずSIMロックがかかっています。

 

このSIMロックを外すために必要なのが、SIMロック解除です。

 

「そもそもSIMカードって何?」という人は以下の記事をご覧ください。
スマホを使う上で必要!?SIMカードとは何か

 

SIMロック解除するための条件や方法がキャリアによって違う

 

実は、SIMロック解除は各キャリアが受け付けてくれるようになったのですが、SIMロック解除に応じてくれる条件と、その対応方法がキャリアごとに違いがあります。

 

キャリアごとの条件・方法や注意点を解説しますので、SIMロック解除をする際には十分に注意してSIMロック解除の申し込みをしましょう。

 

キャリアが違う場合は周波数帯の確認も必要になる

 

SIMロック解除をすると他のキャリアのSIMカードでも使うことができるようになります。

 

しかし、SIMロック解除をしただけでは、必ずしも他のキャリアの回線を使うことはできません。

 

キャリアが使っている電波の周波数帯に、スマホが対応していることを確認しなければいけません。

 

[関連記事]

SIMフリースマホを使うなら周波数帯の確認が必要!

 

 

ドコモのSIMロック解除

 

2015年4月以前に発売されたスマホと2015年5月以降に発売されたスマホで、解除の条件・方法が異なります。

 

2015年4月以前に発売されたスマホのSIMロック解除

 

ドコモはSIMロック解除義務化前からSIMロック解除に対応していました。

 

ほとんどのスマホがSIMロック解除を即日で行えます。

 

SIMロック解除方法
申し込み方法 手数料(税込)
店頭 3,240円

 

2015年5月以降に発売されたスマホ

 

注意したい点は、購入から6カ月経過したスマホ端末のみ解除対象となるところです。

 

au・ソフトバンクと足並みを揃えることで、条件が悪くなりました。。。

 

SIMロック解除方法
申し込み方法 手数料(税込)
インターネット 無料
電話 3,240円
店頭 3,240円

 

7月13日からSIMロック解除の条件が緩和されました。

 

前の機種でSIMロック解除を行い、前回のSIMロック解除から6ヶ月経過していれば、新機種の購入当日からSIMロック解除できることになりました。

 

中古スマホはSIMロック解除できる?

 

解約から3カ月以内に契約者本人のみ、SIMロック解除できます。

 

なお、ドコモのスマホ端末でDMMモバイルのSIMカードを使用する場合、SIMロック解除をする必要はありません。

 

 

DMMモバイルならSIMロック解除は不要

 

DMMモバイルはドコモ回線を使用しています。

 

そのため、SIMロックされている/されていないに関わらず、ドコモのスマホを使うことができます。

 

また、同じドコモ回線なので周波数帯の確認も特に必要ないです。

 

DMMモバイルを使うために、SIMロック解除を行う必要は特にありません。

 

 

ドコモからDMMモバイルに乗り換えをすれば、費用も手間もあまりかけずにスマホの料金を圧倒的に安くできます。

 

 

DMMモバイルの詳細はこちら

 

 

 

auのSIMロック解除

 

2015年5月以降に発売されたスマホのみSIMロック解除できます。

 

注意したい点は、購入から180日経過したスマホ端末のみ解除対象となるところです。

 

SIMロック解除方法
申し込み方法 手数料(税込)
インターネット 無料
電話 3,240円
店頭 3,240円

 

中古スマホはSIMロック解除できる?

 

中古でもSIMロック解除できます。

 

mineoなら基本的にSIMロック解除は不要

 

mineoはau回線を使用しています。

 

そのため、SIMロックされている/されていないに関わらず、auのスマホを使うことができます。

 

また、同じau回線なので周波数帯の確認も特に必要ないです。

 

VoLTE対応端末を使う場合にはSIMロック解除が必要

 

ただし、スマホがVoLTE対応端末である場合、VoLTE対応SIMという専用のSIMカードを契約することになります。

 

VoLTE対応SIMはSIMロック解除が必要になるので、SIMロック解除をした上でmineoを契約してください。

 

 

 

DMMモバイルでSIMロック解除したスマホを使う場合は周波数帯の確認が必要

 

DMMモバイルはドコモ回線を使用しているため、ドコモの周波数帯に合わせる必要があります。

 

auのスマホで気を付けたいところは、3Gの通信方式がドコモとは違うということです。

 

ドコモとソフトバンクはW-CDMAという通信方式であるのに対し、auはCDMA2000という通信方式を使っています。

 

そのため、CDMA2000ではドコモの3Gによる通信を行うことができないのでご注意ください。
※SIMロック解除した時にスマホ端末がW-CDMAに対応していれば、3Gでも通信可能

 

 

一方、LTEは問題なく使うことができます。

 

ただし、ドコモの使用している周波数帯(正確にはドコモの基地局が発信している電波の周波数帯)とスマホが受信できる周波数帯が一致している必要があります。

 

詳しくは「SIMフリースマホを使うなら周波数帯の確認が必要!」の記事をご確認ください。

 

 

 

 

 

ソフトバンクのSIMロック解除の条件と解除方法

 

2015年4月以前に発売されたスマホと2015年5月以降に発売されたスマホで、解除の条件・方法が異なります。

 

 

2015年4月以前に発売されたスマホ

 

以下の一部機種のみSIMロック解除に対応しています。

 

BLADE Q+、301F、201HW、009Z、008Z

 

SIMロック解除方法
申し込み方法 手数料(税込)
店頭 3,240円

 

2015年5月以前に発売されたスマホ

 

購入から181日目以降のスマホ端末のみ解除対象となります。

 

SIMロック解除方法
申し込み方法 手数料(税込)
インターネット 無料
店頭 3,240円

 

中古スマホはSIMロック解除できる?

 

解約から90日以内に、契約者本人のみSIMロック解除できます。

 

DMMモバイルでSIMロック解除したスマホを使う場合は周波数帯の確認が必要

 

DMMモバイルはドコモ回線を使用しているため、ドコモの周波数帯に合わせる必要があります。

 

Softbankはドコモと3G・LTEの通信方式は同じであるため、3G・LTEともに使用することができます。

 

ただし、ドコモの使用している周波数帯(正確にはドコモの基地局が発信している電波の周波数帯)とスマホが受信できる周波数帯が一致している必要があります。

 

詳しくは「SIMフリースマホを使うなら周波数帯の確認が必要!」の記事をご確認ください。

 

 

 

SIMフリー化のメリットと注意点

 

 

スマホをSIMフリー化することで、選択肢の幅は広がります。

 

しかし、日本国内で使う分にはSIMフリー化はまだまだ不要な場合も多いです。

 

auのスマホ端末でドコモ回線を使おうとしても、通信方式や周波数が合わずに使えないことも多いです。

 

参考記事

SIMフリースマホを使うなら周波数帯の確認が必要!

 

 

SIMフリー化すれば、海外に行った時は、海外のSIMカードを挿すことでスマホが使えるようになるので、SIMフリー化することにメリットはあります。

 

 

SIMフリー化する時はメリットをしっかりと考えてから、SIMフリー化の手続きをする方がよいでしょう。

 

 

<あわせて読みたい記事>

 

 

Top⇒DMMモバイルにMNP乗り換え実体験レビュー

関連ページ

山間部でスマホを使う時に必要なFOMAプラスエリア
山間部でスマホを使う時に必要なFOMAプラスエリア
SIMフリースマホを使うなら周波数帯の確認が必要!
SIMフリースマホを使うなら周波数帯の確認は必要!
違法スマホに注意!SIMフリースマホは技適マークが無いとダメ!
違法スマホに注意!SIMフリースマホは技適マークが無いとダメ!