SIMフリースマホを使うなら周波数帯の確認は必要!

SIMフリースマホを使うなら周波数帯の確認が必要!

 

キャリアが携帯電話用に使っている電波は、国から周波数帯(バンドとも呼ばれている)が割り当てられているため、キャリアごとに周波数帯が違います。

 

DMMモバイルであればドコモの回線を借りているので、ドコモの周波数帯となります。

 

そのため、DMMモバイルを使う場合はドコモの周波数帯に対応したスマホを利用すると問題なく通話やデータ通信ができます。

 

しかし、ドコモの周波数帯に対応できないスマホの場合は通話やデータ通信ができない可能性があるので注意が必要です。

 

このページでは、ドコモが使用している周波数帯やau、Softbankのスマホの周波数帯の確認方法などを紹介します。

 

スマホ端末を自分で用意して、DMMモバイルへの乗り換えを考えている方は、ぜひご一読ください。

 

 

 

 

 

SIMフリースマホを使用する場合は注意

 

ドコモのスマホを使う場合はスマホがドコモの周波数帯に元々対応しているので、そのまま利用できます。

 

しかし、SIMフリースマホの場合はドコモ向けに開発されたわけではないので、ドコモの周波数帯に対応しているかはわかりません。

 

そのため、SIMフリースマホを使う場合には、周波数帯に対応しているか事前に確認が必要です。

 

DMMモバイルでセット端末で販売されているSIMフリースマホは通話やデータ通信ができることの確認が行われています。

しかし、対応している周波数帯は端末ごとに違うため、対応している周波数の確認をしておいた方がよいです。

 

 

データ通信方式について

 

LTE、3Gという言葉を聞いたことはないでしょうか。

 

この2つは通信方式のことを示していて、ドコモの対応している通信方式は正確には、FDD-LTEとW-CDMAという通信方式です。

 

いまのところ、3Gは音声通話とデータ通信に使われ、LTEはデータ通信のみに使われています。

 

現在では3G、LTEともに音声通話とデータ通信に利用されています。
(VoLTEでの通話がLTEでの通話になります。)

 

ちなみにauの対応している3Gの通信方式はCDMA2000という方式です。
通信方式の違いがあるので、auのスマホはドコモ回線で使えないのです。

 

 

ドコモの使用しているバンド(周波数帯)

 

周波数帯は別名「バンド」と呼ばれていて、使われている周波数帯で区切られています。

 

ドコモが使っているバンドは以下の表の通りになります。

 

バンド 周波数帯

ドコモ

3G LTE
Band1 2.1GHz

Band3 1.8GHz  

※1

Band6 800MHz

 
Band19 800MHz

Band21 1.5GHz  

Band28 700MHz  

※2

 

※1:主に東名阪地区で対応
※2:2016年以降運用開始予定で、現在は一部でのみ使用されている

 

 

ドコモのバンドが提供されているエリア

 

スマホがキャッチできる電波の周波数帯と通信方式が合っていれば通話やデータ通信ができるのですが、地域によって提供されている周波数帯や通信方式は変わってきます。

 

全てのバンドに対応する必要はないですが、あなたの住んでいる地域、よく出かける地域で主に使われているバンドに対応しているスマホを選んだ方がよいです。

 

それぞれのバンドがどういったエリアで提供されているか見てみましょう。

 

LTEの対応しているバンド

Band1(2.1GHz)

ドコモで主に使われている周波数で、全国の幅広い範囲で運用されています。

 

この周波数帯への対応は必須です。

 

Band3(1.8GHz)

基本的には、東名阪地区で提供されているバンドです。

 

最近ではBand3に対応するエリアも増えてきているので、できればBand3対応しているスマホを選んだ方がよいです。

 

Band21(1.5GHz)

北海道、東北、四国、北陸など地方都市が中心のバンドです。

 

通信速度が速い回線なので、対応をしていると良いバンドです。

 

回線が混雑しているときにこのバンドに対応しているとスムーズに通信ができます。

 

Band28 (700MHz)

2016年以降に本格的に運用が開始されているバンド。

 

現在はごく一部でしか対応しているエリアがないので、スマホが対応していなくても問題はないです。

 

 

3Gの対応しているバンド

Band1(2.1GHz)

ドコモで主に使われている周波数で、全国の幅広い範囲で運用されています。

 

LTE同様に、この周波数帯への対応は必須です。

 

Band6(800MHz帯)

Band19と合わせて、FOMAプラスエリアと呼ばれているバンドです。

 

FOMAプラスエリアは山間部などでスマホを使えるために用いられている周波数帯なので、この周波数帯に対応していない場合は山間部で通話やデータ通信ができなくなることがあります。

 

FOMAプラスエリアはほとんどのエリアがBand6で対応されているので、山間部でスマホを使う場合にはBand6対応は必須です。

 

[関連記事]

山間部でスマホを使う時に必要なFOMAプラスエリア

 

Band19(800MHz帯)

Band6と共にFOMAプラスエリアと呼ばれるバンドです。

 

FOMAプラスエリアのほとんどはBand6で対応されているため、Band19は対応しなくてもあまり問題にはなりません。

 

 

auもしくはソフトバンクのスマホ端末を使う場合

 

auもしくはソフトバンクのスマホ端末を使う場合には、事前にSIMロック解除が必要です。
SIMロック解除の方法について

 

ただし、注意したいのは「SIMロック解除が済んでいるからといって、ドコモの回線を使えるとは限らない」ということです。

 

スマホ端末が対応しているバンドと、ドコモのバンドが一致しているかを確認する必要があります。

 

なお、以降でスマホ端末のバンド対応を紹介していますが、3G回線のバンド表記はローマ数字表記になっているのでご注意ください。

 

数字が不明な場合、下の表を参考にご確認ください。

 

 

[ローマ数字表記の確認表]

ローマ数字表記 アラビア数字表記
バンドI バンド1
バンドIX バンド4
バンドXI バンド11
バンドVIII バンド8
バンドVI/XIX バンド6/19

 

 

auのスマホ端末のバンドを確認する

 

auでSIMロック解除可能なスマホ端末が対応しているバンドはこちらから確認できます。

 

ドコモのバンドとスマホの対応しているバンドが一致すれば、利用可能です。

 

auのスマホ端末は、3G回線ではCDMA2000を利用しています。

 

しかし、機種によっては元々W-CDMAにも対応しているスマホもあるため、バンドが一致すればドコモの3G回線を利用することは可能です。

 

 

ソフトバンクのスマホ端末のバンドを確認する

 

ソフトバンクでSIMロック解除可能なスマホ端末が対応しているバンドはこちらから確認できます。

 

ドコモのバンドとスマホの対応しているバンドが一致すれば、利用可能です。

 

 

まとめ

 

SIMフリースマホを選ぶ際には、メインエリアで提供されているBand1と山間部で提供されているBand6に対応しているスマホを選んだ方が良いと思います。

 

それに加えて、通信速度を早くするためにBand3やBand21に対応しているとなお良いといったところになります。

 

SIMフリースマホを選ぶ際には、バンド対応はしっかりと確認しておいた方がよいです。

 

 

Top⇒DMMモバイルにMNP乗り換え実体験レビュー

関連ページ

SIMロック解除でスマホをSIMフリーにするための重要なポイント
SIMロック解除でスマホをSIMフリーにするための重要なポイントとは
山間部でスマホを使う時に必要なFOMAプラスエリア
山間部でスマホを使う時に必要なFOMAプラスエリア
違法スマホに注意!SIMフリースマホは技適マークが無いとダメ!
違法スマホに注意!SIMフリースマホは技適マークが無いとダメ!