違法スマホに注意!SIMフリースマホは技適マークが無いとダメ!

違法スマホに注意!SIMフリースマホは技適マークが無いとダメ!



DMMモバイルでSIMカードのみ契約して、自前で用意したSIMフリースマホを組み合わせることができるのも、DMMモバイルを使うメリットの1つです。

しかし、ちょっと待ってください。

そのSIMフリースマホは技適マークは付いていますか??


[目次]
  1. 技適マークって一体何?
  2. セット販売されているスマホは問題なく使える
  3. SIMフリースマホを自前で用意する場合は要チェックミ


技適マークって一体何?


技適マーク


技適マークとは、電波法で定められている技術水準に合っている無線機械であることを証明するマークです。

気を付けたいのは、海外から輸入したSIMフリースマホなどには、技適マークが付いていないケースがあるということです。



例えば、「日本でお馴染みのXperiaを海外版で使いたい」というときに、海外版に技適マークが付いていないとアウトです。


なお、このマークがないスマホを使った場合は、電波法違反(法律違反)になるので注意が必要です。


技適マークが付いていないということは、電波法で技術基準を満たしていないことです。
そうなると、知らないうちに他人の通信を妨害したり、通信インフラに影響を与える可能性もありえます。



セット販売されているスマホは問題なく使える



DMMモバイルでセット販売されているスマホに関しては、チェックされているので安心してください。


基本的に、大手キャリアやMVNOでは技適マーク付きのスマホのみ販売されるので、安心して購入することができます。




技適マークの他に対応周波数も確認が必要


技適マークはSIMフリースマホを使う上での大前提となりますが、問題は技適マークだけではありません。

SIMフリースマホを使うなら周波数帯の確認が必要!」でも紹介したように、SIMフリースマホが使用する回線の周波数に対応しているか確認しないといけません。


SIMフリースマホは自由度が高いのが魅力ですが、確認を怠ると後で痛い目に遭う可能性もあるので、十分な確認が必要です。


Top⇒DMMモバイルにMNP乗り換え実体験レビュー

関連ページ

SIMロック解除でスマホをSIMフリーにするための重要なポイント
SIMロック解除でスマホをSIMフリーにするための重要なポイントとは
山間部でスマホを使う時に必要なFOMAプラスエリア
山間部でスマホを使う時に必要なFOMAプラスエリア
SIMフリースマホを使うなら周波数帯の確認が必要!
SIMフリースマホを使うなら周波数帯の確認は必要!