スマホが水没した!?焦らず適切に対処をしよう

スマホが水没した!?焦らず適切に対処をしよう

 

スマホをトイレやお風呂に落としてしまったという人は結構多いハズ。

 

しかし、実は水没させても適切な対応をすれば問題なく使えることも多いです。

 

このページでは水没をしたときの対応方法と、故障してしまった時の対応方法を紹介していきます。

 

 

[目次]

  1. まずは焦らずに乾かそう
  2. データ復旧したい場合は専門の修理業者に頼むのもアリ
  3. スマホ端末を修理するか新しい端末に交換する
  4. 結論

 

 

 

まずは焦らずに乾かそう

 

 

電源が落ちたからといって、すぐに電源を入れようとしては絶対にダメです。

 

水気を含んだ状態で電源を入れるとショートをしてしまう可能性が高いです。

 

まずは、開けられるフタを全て開けて、自然乾燥をします。

 

このとき、バッテリーやSIMカードも取り外しましょう。

 

少なくとも1日2日は使わないで、水気が完全に乾いたと思えるところまでは放置しておきましょう。

 

ちなみに乾燥剤を使うと、早く乾かすことができます。
ビニール袋などにスマホと一緒に乾燥剤を入れて、密閉することで乾かすことができます。

 

 

データ復旧したい場合は専門の修理業者に頼むのもアリ

 

完全に乾かしてもスマホが使えない場合、修理の専門業者に頼む方法があります。

 

データ復旧の場合は料金が割高になってしまいますが、どうしても欲しいデータがある場合は試してみるのも良いと思います。

 

予算を見積もることができるようだったら、事前に予算を見積もった方がよいです。

 

 

スマホ端末を修理するか新しい端末に交換する

 

 

DMMモバイルでセットスマホを購入している場合、端末交換オプションを利用するとよいです。

 

DMMモバイルの端末交換オプションは水没にも対応しているので、加入しているのであれば利用しましょう。

 

 

セット端末でない場合は端末交換オプションに入れませんが、どんなスマホ端末の故障に対してもお見舞金を出してくれる【端末レスキュー】というサービスもあります。

 

端末レスキューは月額600円で利用でき、スマホ以外にもタブレットやパソコン、ゲーム機や音楽プレーヤーなども補償してもらえます。

 

全損をした場合、最大5万円の補償が付きます。

 

補償対象は2台で、年間利用可能回数が3回までです。

 

複数のスマホを同時に保証したい場合などには、端末レスキューは良い補償サービスだと思います。

 

 

通常、スマホの補償サービスはスマホの購入時にしか入れませんが、端末レスキューはどのキャリアのスマホでも、どんなタイミングでも加入ができます。

 

万が一の場合に備えたい場合は加入をしておくとよいでしょう。

 

困ったときの救世主!【端末レスキュー】

 

 

 

スマホの修理を依頼する場合、

  • キャリアのショップに修理を依頼する
  • スマホのメーカーに修理を依頼する

のどちらかになります。

 

ただし、修理する場合は料金がかなり高くなってしまうこともあるので、補償金が出ない場合などは買い替えた方が良い場合もあります。

 

 

結論

 

 

水没した場合でも適切に対処をすれば問題のないケースも多いです。

 

しかし、万が一に備えて補償サービスには加入しておいた方が安心です。

 

DMMモバイルの端末交換オプションは1年に1回なら3,000円(税抜き)で交換できるので、当サイトは端末交換オプションへの加入を推奨しています。

 

 

Top⇒DMMモバイルにMNP乗り換え実体験レビュー

関連ページ

通話料金が半額になるDMMモバイルのアプリ「DMMトーク」
通話料金が半額になるDMMモバイルのアプリ「DMMトーク」
データ通信量節約に便利!DMMモバイルアプリ
データ通信量節約に便利!DMMモバイルアプリ
無料Wi-Fiを活用してデータ通信量を節約しよう
無料Wi-Fiを活用してデータ通信量を節約しましょう!
通話料金が安くなるアプリ「DMMトーク」を1か月使った感想
通話料金が安くなるアプリ「DMMトーク」を1か月使った感想