スマホ料金を大幅に下げる格安SIMとは?その秘密に迫る!

スマホ料金を大幅に下げる格安SIMとは?その秘密に迫る!

 

格安SIMを使えば、スマホの料金は大幅に下げられます。

 

ドコモなどの大手キャリアで契約するよりも断然安いですが、安くなるだけの理由があります。

 

では、なぜ格安SIMは安い料金で契約できるのでしょうか?

 

格安SIMの秘密に迫っていきたいと思います。

 

 

MVNOが格安SIMを提供している

 

 

格安SIMはMVNOという業者が提供しているサービスです。

 

しかし、MVNOは大手キャリアのように自社で通信網を持っていません。

 

通信網を持っていなければ通話やデータ通信ができないので、MVNOはお金を払って大手キャリアから通信網を借りています。

 

自社で通信網を持っていないので、通信網を作るための費用やメンテナンスをする費用が必要ありません。

 

また、大手キャリアのようにサービスを行うための店舗を持っていません。

 

この徹底したコストダウンによって、格安料金で使える「格安SIM」が成り立っています。

 

 

ユーザーはこのようにコストダウンしたMVNOと契約をして、格安料金でスマホで通話やデータ通信ができるようになります。

 

 

格安SIMの良い点

 

格安SIMの良い点は主に3つあります。

 

圧倒的に安い

 

格安SIMは大手キャリアと比べると圧倒的に安いです。

 

音声通話付きのSIMカードが、月額1,000円くらいから契約をすることができます。

 

大手キャリアの場合は、音声通話付きのSIMカードであれば5,000円以上は必要になります。

 

この圧倒的な価格差が、格安SIMの一番良い点です。

 

 

豊富なプランから適切なプランを選べる

 

MVNOは100社以上あると言われています。

 

それだけたくさんの業者がいるだけあり、プランは色々あります。

 

毎月使っているデータ通信量に合わせたプランを契約したり、好きなオプションを選択したり、組み合わせの自由度が大手キャリアに比べてすごく多いです。

 

あなたに合った適切なプランを自由に選べます。

 

 

縛りが少ないので、自由に乗り換えしやすい

 

格安SIMは縛りがとても少ないです。

 

音声通話付きのSIMカードを契約する場合、ほとんどのMVNOは契約後に12カ月使えば違約金無しで解約が可能になります。

 

大手キャリアの場合は、2年毎の契約更新月以外に解約すると違約金が発生します。

 

このように契約の自由度が大きいのも良い点です。

 

 

格安SIMの悪い点

 

格安SIMの悪い点は主に4つあります。

 

サービス内容が大手キャリアに比べて薄い

 

MVNOはコストダウンを行っているため、サービスを行うための店舗を持っていません。

 

そのため、スマホが故障した時や困ったことがあった時の相談をする時などはメールやチャット、電話でのやり取りを行うことになります。

 

大手キャリアであれば、店舗に行って相談できるので、直接対面で話したいという人には格安SIMは不向きです。

 

ただし、メールやチャット・電話での対応は早いので、対面でなくても良いという人であれば、問題ないです。

 

私がDMMモバイルのサポートにメールをしたときは、2時間しない内に返信が返ってきました。

 

チャットだと即反応が返ってくるので、店舗に出向くより楽です。

 

 

データ通信速度がMVNOごとに違う

 

データ通信速度がMVNOごとに違うのも悪い点です。

 

安定したデータ通信速度でサービスを提供してくれるMVNOを選ばないと、データ通信が遅い状態でスマホを使い続けなければいけません。

 

私が使用しているDMMモバイルは、データ通信が安定しているMVNOなのでオススメです。

 

その他にもデータ通信が安定しているMVNOはたくさんあるので、評判を見ながらMVNOを探すとよいです。

 

 

[関連記事]

 

大手キャリアのメールアドレスが使えない

 

大手キャリアのメールアドレスは当然使えなくなります。

 

gmailやLINEなどを代わりの連絡手段として使っていくことになります。

 

 

通話料金が高い

 

格安SIMではかけ放題プランは用意されているところと、用意されていないところがあります。

 

スマホでの通話料金は30秒20円と高いので、通話を多くする人の場合は格安SIMへ乗り換えることで逆に料金が高くなってしまうこともありえます。

 

しかし、格安SIMで通話料金を安くする方法が2つあります。

 

かけ放題プランを提供しているMVNOを使う

 

ワイモバイル楽天モバイル、もしもシークス、Nifmoの4社はかけ放題プランを提供している数少ないMVNOです。

 

各社ごとに特徴があるので、あなたの使い方にあったプランを選ぶことができれば、大手キャリアよりも断然安く使えます。

 

 

音声通話アプリを使う

 

DMMトークのような音声通話アプリを使うという方法もあります。

 

音声通話アプリを使えば、通話料が半額になったり、アプリ間での通話料が無料になったりします。

 

[関連記事]
通話料金が半額になるDMMモバイルのアプリ「DMMトーク」

 

 

 

格安SIMはどんな人におすすめか

 

 

格安SIMはスマホ料金を安くしたい人におすすめです。

 

少し前までは格安SIMではかけ放題プランはなかったのですが、ついにかけ放題プランを提供するMVNOも出始めてきました。

 

DMMモバイルなどではデータ通信量も20GBまで契約可能なので、データ通信を多く行う人にも格安SIMはおすすめです。

 

 

もしスマホ料金を安くしたいのであれば、あなたのスマホの使い方とスマホの月額料金がどれくらいかかっているかを見直してみると良いです。

 

格安SIMに乗り換えても、同じ使い方をして料金を安くできる可能性が高いです。

 

 

スマホ料金が高いと感じているなら、一度格安SIMへの乗り換えを検討してみるとよいかもしれません。

 

 

Top⇒DMMモバイルにMNP乗り換え実体験レビュー

関連ページ

スマホを使う上で必要!?SIMカードとは何か
スマホを使う上で必要なSIMカードとは何か解説します。
格安SIMはなぜ通信速度が遅いの!?その原因を分かりやすく解説
格安SIMはなぜ通信速度が遅いの? その原因を分かりやすく解説していきます。 格安SIMを使い始めるまでに、ぜひご覧下さい。