格安SIMはなぜ通信速度が遅いの?その原因を分かりやすく解説

格安SIMはなぜ通信速度が遅いの!?その原因を分かりやすく解説

 

「格安SIMは遅い」

 

格安SIMについての情報を調べると、このような口コミなどをインターネット上で見かけることがあります。

 

確かに私自身、DMMモバイルを利用していて通信速度が遅いと感じることがあります。

 

しかし、なぜキャリアと同じ通信網を使っているといいながら通信速度がキャリアよりも遅くなるのでしょうか?

 

 

その原因を調査してみました。

 

 

 

 

 

キャリアとMVNOは使っている通信網は全て同じではない

 

MVNOはキャリアと同じ通信網を使っているのは確かなのですが、全てが同じワケではありません。

 

具体的にどういうことかを、図を使って説明していきます。

 

スマホがインターネットに繋がるまでの流れ

 

スマホが通信をする時は、下図のように

 

スマホと基地局が通信する
⇒基地局からキャリアの通信網に繋がる

 

というような流れになります。

 

 

 

ここまではキャリアだろうがMVNOだろうが同じです。

 

確かにMVNOもキャリアの回線網を使っています。

 

しかし、インターネットに繋がるまでに、途中から使用する回線網が変わってきます。

 

 

キャリアの場合

キャリアが用意している回線網を利用して、インターネットに繋がります。

 

 

 

 

MVNOの場合

途中から、MVNOが用意している回線網を利用して、インターネットに繋がります。

 

 

 

 

このように、インターネットにつながるまではMVNOの回線網を利用することになるのです。

 

 

MVNOの設備とユーザー数のバランスで遅くなることがある

 

ではなぜMVNOの通信速度が遅くなるかと言うと、このMVNOが用意している回線網が原因です。

 

回線網をどれだけ充実した設備で整えられているかが鍵となります。

 

もし、ユーザーに対して用意している回線設備の容量が少ない場合、ユーザーの処理をし切れずに回線速度が遅くなってしまいます。

 

キャリアは十分な設備を持っているので問題がないのですが、MVNOはできるだけコストを削りたいため、回線設備は十分に用意できないのです。

 

 

つまり、回線網の設備をどれだけ充実させているかが、通信速度の安定度に繋がってきます。

 

口コミ評判が良いところは比較的安定したMVNOであることが多い

 

通信速度が遅くなるという問題は、どのMVNOでも起こり得ることです。

 

ユーザー数が増えれば増えるほど、通信設備をしっかりと整えないといけないからです。

 

「じゃあ、どのMVNOを選べば通信速度は安定するのか」

 

これは簡単で、

 

「口コミ評判が良いところを選べばいい」

 

というのが答えです。

 

ユーザーが増えた場合、しっかりと通信設備を増強していけば、通信速度はすぐに安定します。

 

だからこそ、口コミ評判で「安定している」という評価が多いところの方が安心して利用できるのです。

 

 

 

DMMモバイルはおすすめのMVNO

 

「で、おすすめのMVNOはどこなの?」というと、当サイトではDMMモバイルをおすすめします。

 

実際に利用して、通信速度が安定していると感じるからです。

 

ユーザーが一気に増えた時などは回線速度が遅くなることもありますが、数日も経てば元々の通信速度に戻っているような感じです。

 

DMMモバイルは「しっかりと通信設備を増強しているんだ」と感じるMVNOだと思います。

 

 

結局、格安SIMでは通信速度がずっと安定した状態で利用することはできないです。

 

だからこそ、DMMモバイルのような比較的安定しているMVNOを選んでいく必要があると思います。

 

 

Top⇒DMMモバイルにMNP乗り換え実体験レビュー

関連ページ

スマホを使う上で必要!?SIMカードとは何か
スマホを使う上で必要なSIMカードとは何か解説します。
スマホ料金を大幅に下げる格安SIMとは?その秘密に迫る!
スマホ料金を大幅に下げる格安SIMとは?その秘密に迫る!