DMMモバイルのiPhoneのAPN設定とアンテナピクト問題

 

 

DMMモバイルでiPhoneを使いたい方は多いハズ。

 

しかし、iPhoneは他のスマホとは少しAPN設定に違うところがあります。

 

iPhoneを使う上での「APN設定手順」とAPN設定後に発生するかもしれない「アンテナピクト問題」について紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

iPhoneを使う時のAPN設定手順

 

iPhoneのAPN設定については、以下の2つのポイントを確認しておけば、大丈夫です。

 

DMMモバイルで動作が確認されているiPhoneかチェックする

 

DMMモバイルでiPhoneの動作確認が既に行われています。

 

DMMモバイルで使えるiPhoneにはドコモ版/SIMフリー版の2つがあり、それぞれ以下の表の通りに動作確認が行われています。
※ドコモ版/SIMフリー版以外のiPhoneについては、SIMロック解除をすればDMMモバイルで使えるようになります。

 

【DMMモバイルのiPhone対応表】

端末 SIMカード
サイズ
SIMフリー版の確認 docomo版の確認
iPhone7 Plus nanoSIM
iPhone7 nanoSIM
iPhone SE nanoSIM
iPhone 6s Plus nanoSIM
iPhone 6s nanoSIM
iPhone 6 nanoSIM
iPhone 6 nanoSIM
iPhone 6 Plus nanoSIM
iPhone 5s nanoSIM
iPhone 5c nanoSIM
iPhone 5 nanoSIM
iPhone 4s microSIM
iPhone 4 microSIM
iPhone 3GS 標準SIM

 

上記の表で動作確認がされているiPhoneであれば問題なく使えますが、そうでないバージョンのiPhoneは動作保証されていません。

 

動作保証がされていないだけで動作しないわけでないのですが、自己責任の範囲内になってしまいます。

 

iphoneが本当に使えるか不安な方は動作確認がされていない組みあわせは避けた方がいいです。

 

 

iPhoneでAPN構成プロファイルを使ってAPN設定をする

 

iPhoneでは「APN構成プロファイル」というものを使って、APN設定を行うことができます。

 

APN構成プロファイルのダウンロードはこちらから行うことができます。

 

 

 

 

 

ダウンロードページにAPN構成プロファイルによるAPN設定手順についても詳しく書かれているので、ご覧になってください。

 

※iPhone6/6 Plus/5s/5cや、SIMロックされているiPhoneではAPN構成プロファイルをインストールしないとAPN設定ができません。それ以外のバージョンのiPhoneでは手動でAPN設定も可能です。

 

 

iPhoneの注意事項

 

iPhoneを使う時には、「アンテナピクト問題」という現象が発生する場合があります。

 

アンテナピクト問題とは、スマホに電波が届いているにもかかわらず、アンテナのマーク(アンテナピクト)が表示されないために圏外になっているように見えることを言います。

 

DMMモバイルでiPhoneのバージョンごとにアンテナピクト問題が発生するかを検証した結果、以下の結果になっています。

 

 

▼iPhoneのバージョンごとのアンテナピクト問題

端末 アンテナピクトの表示 注意事項
iPhone7 Plus データ通信専用SIMを使用した場合、VoLTEを有効にするとLTEエリアでのみアンテナピクトが表示されます。3Gエリアに移動するとアンテナピクトが正しく表示されません。
iPhone7 データ通信専用SIMを使用した場合、VoLTEを有効にするとLTEエリアでのみアンテナピクトが表示されます。3Gエリアに移動するとアンテナピクトが正しく表示されません。
iPhone SE データ通信専用SIMを使用した場合、VoLTEを有効にするとLTEエリアでのみアンテナピクトが表示されます。3Gエリアに移動するとアンテナピクトが正しく表示されません。
iPhone 6s Plus データ通信専用SIMを使用した場合、VoLTEを有効にするとLTEエリアでのみアンテナピクトが表示されます。3Gエリアに移動するとアンテナピクトが正しく表示されません。
iPhone 6s データ通信専用SIMを使用した場合、VoLTEを有効にするとLTEエリアでのみアンテナピクトが表示されます。3Gエリアに移動するとアンテナピクトが正しく表示されません。
iPhone 6 データ通信専用SIMを使用した場合、VoLTEを有効にするとLTEエリアでのみアンテナピクトが表示されます。

3Gエリアに移動するとアンテナピクトが正しく表示されません。

iPhone 6 Plus データ通信専用SIMを使用した場合、VoLTEを有効にするとLTEエリアでのみアンテナピクトが表示されます。

3Gエリアに移動するとアンテナピクトが正しく表示されません。

iPhone 5s
iPhone 5c
iPhone 5
iPhone 4s
iPhone 4
iPhone 3GS

○:SIMカードのSMS機能あり/なしに関係なく、アンテナピクトが表示されている
△:SMS機能付きSIMカードの利用で、アンテナピクトが表示される可能性が高い

 

 

アンテナピクト問題がiPhoneで発生した場合、圏外になっているように見えるために紛らわしいですが、通話やデータ通信は問題なくできるので、現状では我慢するしかないようです。

 

基本的にはiPhone6以降はアンテナピクトは問題なく表示されますが、iPhone6より前のシリーズはSMS有りのSIMカードであることが必須のようです。

 

通話SIMを選んでいる場合は元々SMSは付いているのでアンテナピクト問題は発生しません。

 

データSIMを選んだ場合のみ、SMSの有無に気を付けましょう。

 

 

 

ドコモ版/SIMフリー版ならDMMモバイルでiPhoneを使える

 

基本的期に、ドコモ版/SIMフリー版のiPhoneならDMMモバイルで使えます。

 

キャリアの2年契約が終わったiPhoneやSIMフリー版のiPhoneを持っているなら、DMMモバイルで格安料金で利用できちゃいます。

 

なお、au/ソフトバンクのiPhoneはSIMロック解除が必要になるのでご注意ください。

 

[関連記事]

SIMロック解除でスマホをSIMフリーにするための重要なポイント

 

 

iPhoneを格安で使えるDMMモバイル