DMMモバイルの直近3日間の通信制限は他社より心配不要な制限

 

 

格安SIMでは「直近3日間で○MBを超えて使用すると通信制限がかかる」という制限を設けているところは少なくないです。

 

DMMモバイルも通信制限を設けてはいますが、他社と比べて心配が不要な制限です。

 

なぜなら、DMMモバイルの通信制限は200kbpsの低速通信での制限だからです。

 

高速通信を使っている限りは3日間制限は一切ありません。

 

 

とはいっても通信制限がどのような時に発生するかは知っておきたいところ。

 

具体的にどのようなときに3日間制限が発生するか確認してみましょう。

 

 

 

 

3日間制限が発生する条件

 

DMMモバイルで3日間制限が発生するのは200kbpsによる通信が直近3日間(当日を含まない)で366MBを超えたときです。

 

200kbpsになっているときというのは具体的に下記のどれかの状態です。

 

  • 高速データ通信残量が0MBのとき
  • 高速データ通信OFFに設定されているとき
  • ライトプランを契約している方

 

 

3日間制限が解除される2つの条件

 

 

 

では、3日間制限が解除されるにはどのようにしたらよいのでしょうか。

 

解除する場合、2つの方法があります。

 

直近3日間のデータ通信量が366MB未満になるのを待つ

 

直近3日間のデータ通信量が366MB未満になれば、通信制限は解除されます。

 

ライトプランを契約している方は大変ですが、3日間のデータ通信量が366MB未満になるのを頑張って待ちます。

 

どうしても待てなければ、追加チャージをするという手段もあります。

 

 

追加チャージなら制限は関係ない

 

追加チャージをすれば、高速データ通信残量が増えます。

 

あくまで通信制限は低速通信でかかっているだけなので、高速データ通信に切り替えれば制限に関係なく高速データ通信ができます。

 

DMMモバイルアプリを使って追加チャージをしましょう。

 

ただし、制限中にまた低速データ通信をしないようにご注意ください。

 

 

Wi-Fiで3日間制限を乗り切るのが一番良い

 

 

当たり前ではありますが、Wi-Fiでデータ通信をすれば制限などは一切関係なく通信できます。

 

Wi-Fi環境が身近にあるのであれば、Wi-Fiで3日間のデータ通信量が366MB未満になるのを待つのが一番いいです。

 

追加チャージによる料金も不要ですし。

 

 

まとめ

 

 

 

DMMモバイルでは3日間の通信制限はありますが、他社のように高速データ通信での制限ではありません。

 

そのため、ほとんどの方は気にする必要が無いと思います。

 

しかし、ライトプランを契約している方は十分に注意をした方がいいでしょう。