DMMモバイルを海外利用できる国際ローミングを詳しく解説

 

 

 

海外へ旅行した時にスマホを持っていった時、そのスマホが使えるかどうかはご存知ですか?

 

海外は日本の携帯会社の範囲外になってしまうので、本来は電話やデータ通信などのスマホのサービスを利用することはできません。

 

しかし、海外でも日本のスマホを使えるようにする手段があります。

 

それが国際ローミングです。

 

このページでは海外へいった時に困らないために、国際ローミングについて詳しくご紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

国際ローミングとは何か

 

国際ローミングとは、日本にいるときと同じようにスマホを使えるようにするサービスです。

 

海外にいった時には、海外の携帯会社と契約をして、海外の通信網を利用しなければスマホは使えません。

 

しかし、海外の携帯会社とあなたの利用している携帯会社がサービスの提携をすれば、海外の携帯会社の通信網を利用することでスマホを利用することができます。

 

 

国際ローミングは便利なのですが、海外の通信網を借りて利用することになるため、料金は高めになる場合がるので注意が必要です。

 

 

 

DMMモバイルも国際ローミングに対応している

 

DMMモバイルも国際ローミングに対応しているので、海外でスマホを利用することができます。

 

国際ローミングは申し込みは特に不要です。

 

オプション料金なども一切かからず、利用した分だけ料金が発生します。

 

対応しているのは通話とSMSのみ

 

格安SIMで対応している国際ローミングは通話とSMSのみになっています。

 

DMMモバイルの国際ローミングも通話とSMSのみ対応しています。

 

国際ローミングでの通話できる料金の限度額は決められていて、1ヶ月で5万円までとなっています。

 

データ通信はWiFiが必要

 

データ通信は国際ローミングに含まれていません。

 

もし海外でデータ通信をしたいのであれば、WiFiを使うとよいです。

 

常にデータ通信をしたい場合には、海外用のモバイルWiFiルーターを用意するのがおすすめです。

 

 

 

 

海外用モバイルWiFiルーターは1日当たり500円くらいからレンタルすることができます。

 

海外でメールしたりインターネットへ繋げたいという場合にはレンタルを検討してみてください。

 

 

[おすすめの海外用モバイルWiFiルーター]

海外専用グローバルWiFi

 

 

通話料金に関しては注意が必要

 

国際ローミングの通話料金に関しては、特に注意が必要です。

 

通話料金は国ごとに違うので、気を付けないとかなり高い通話料金になってしまいます。

 

もしWiFiが使えるのであれば、IP電話を使う方がよいかもしれません。

 

 

 

まとめ

 

国際ローミングを使えば海外からでも通話とSMSを利用することができます。

 

通話料金は国ごとに違うため、話し過ぎには注意をしないと高額の通話料金が請求される場合があるかもしれないためご注意ください。

 

 

データ通信については国際ローミングで対応していないため、データ通信を利用したい場合はWiFiを使わなければいけないです。

 

どうしても海外でデータ通信を利用したい場合は、モバイルWiFiルーターのレンタルを考えましょう。