DMMモバイルでデータ通信量が契約した通信量を超えた場合

 

「げっ。なんか通信速度が遅くなった」

 

 

Youtubeで動画などを見ていると、DMMモバイルで契約しているデータ通信量では足りなくなってしまう場合などがあると思います。

 

契約しているデータ通信量を超えてデータ通信をした時には通信規制がかかってしまい、200kbpsでの低速通信となってしまいます。

 

200kbpsでは満足に通信ができないため、普通に使うのも困ってしまいます。

 

そんな人のためにDMMモバイルでは対応方法が3つあります。

 

 

 

 

バースト機能で低速通信をサポート

 

バースト機能とは、「はじめの一定量だけ高速通信で読み込みを行う」機能です。

 

 

 

この機能があると、ちょっとしたホームページであれば、読み込むことができるので、月末などでインターネットの利用を少し控え目にすれば、次月までなんとか乗り切ることができます。

 

しかし、バースト機能では動画などの大容量を扱うことはできません。

 

 

 

通信量をチャージする

 

DMMモバイルのマイページに「追加通信量チャージ」という項目があります。

 

 

これはお金を支払って、当月に利用できるデータ通信量を買い足すことができるサービスです。
以下の通りに料金を支払って当月のデータ通信量を追加できます。

 

  • 100MB:200円
  • 500MB:600円
  • 1,000MB:1,100円

 

※500MBと1,000MBはキャンペーン価格です。
 キャンペーンの状況で金額が変わってくるのでご注意ください。

 

 

なお、DMMのアプリを使うと簡単にデータ通信量のチャージができます。

データ通信量節約に便利!DMMモバイルアプリ

 

 

 

根本的な解決をするには契約変更するしかない

 

DMMモバイルではバースト機能を始めとしたサポートによって、データ通信を使い切った場合でも使えるようにしてなっています。

 

しかし、結局はあなたの使い方にあったデータ通信量の契約をしなければいけません。

 

通信量チャージはとても値段が高いので、高い金額を払ってチャージをするよりは最初から高いデータ通信プランを契約しておいた方が無難です。

 

利用されなかったデータ通信量は繰り越しができ、繰り越し分は翌月末日まで利用可能です。

 

データ通信を結構使う人は、少しデータ通信量を多めに契約しておくと安心できると思います。

 

データ通信量のプラン変更については、DMMモバイルでプラン変更をしたときの料金と適用タイミングの記事を参考にしてください。